アロマの効果

 アロマテラピー(フランス語: aromathérapie)は一般的には、花や木などの植物由来の芳香成分(精油)を用いて、心身の健康や美容を増進する技術もしくは行為を意味しております。
※アロマセラピー(英語: aromatherapy)ともいう。

アロマテラピーは、良い香りを感じながら、アロマオイルの有効成分を体に取り入れることで効果を得られます。その香りは、嗅神経や嗅細胞に仲立ちされて信号に変えられ、脳へと伝えられます。


アロマの香りは視床下部の自律神経系やホルモンなどを調整する内分泌系、免疫系システムの中心である脳下垂体などに伝わります。「良い香り」や「心地よい香り」と感知すると、受け取った香りによって、体に作用を起こす物質の分泌を促す効果があるとされており、これは「芳香浴」とも呼ばれ、私たちが身近に感じるのは、お部屋の芳香剤であったり、香水ではないでしょうか。

さて、皮膚には体内の老廃物を排出する役割や、酸素や栄養を取り入れる働きがあると言われており、さらにマッサージには、血液の循環を促し、余分な水分や老廃物の排泄を促進し、体の緊張をやわらげると言われています。

アロマオイル成分は、香りで脳下垂体に刺激を促すのみでなく、皮膚の表面の皮脂と混ざり合い、角質層より内部に透過して、皮膚の毛細血管に入り込み、全身にアロマテラピー効果が行き渡ります。

このようなことから、アロマテラピーは心身の双方に働きかけることができると考えられており、その効果は体に良いだけでなく、精神疲労などのメンタル面にも良いとされる理由だと思います。

是非、当店のアロマテラピーを、日頃頑張るご自身へのご褒美に、また溜まった疲れのリセットのために体験いただきたいと思います。

http://amoness.com/